多事雑論012 歴史 ~昔も今も④~源義経は男前だった

源義経。源平合戦に彗星の如く登場した若き武将。
彼は、一の谷・屋島・壇ノ浦におけるたった三度の合戦で、強大な平氏軍団をたちどころに攻め滅ぼしてしまった。
神速の用兵。調略と奇襲。義経の軍才は世間を驚かせた。彼は、突如として英雄になったのである。

ところで、この義経。とても小柄で色白だったのは事実のようだが、その容貌については「美男・醜男」両極端の主張がある。
軍記物に記された義経の容貌に関する描写は以下のとおり。
・「九郎(義経)は色白う背小さきが、向歯の殊に差し出て、しるかんなるぞ」平家物語(平氏方の武人のセリフ)
・「源九郎大夫判官義経、本陣に供奉す。色白くして丈短し。容貌優美にして、進退優なり」源平盛衰記
・「眉目よき冠者殿なれば、姫持たらん者は婿にも取り奉り…」平治物語(藤原秀衡のセリフ)

これら古典の描写から「醜男だ」「いや美男だ」と様々に取り沙汰されるが、誰も本人に会ったことがないのだから結論の出しようがない。別に色男でなくてもよいが、颯爽たる若武者のイメージは崩したくない。何か決定的な決め手はないのだろうか?
そこで、臨場感たっぷりに当時をイメージしてみよう。すると、あるではないか。決定的な状況証拠が。

現場は、義経軍・京都凱旋の沿道。今の伏見区墨染あたりを通って入京したようだが、義経の姿を一目見ようと、京都中の人々が沿道を埋め尽くし、「京から市女がいなくなった」という。この状況を、司馬遼太郎氏は著書『義経』で「義経は日本史上初の『人気者』となった」と書いた。
やはり、真っ先に行動するのは、昔も今も女性なのだ。彼女たちは「時の人」を見に行くのに凄まじい行動力を発揮する。臨場感をもって当時を体験すれば、悲鳴のごとき金切り声が耳に聴こえてくるようではないか。テレビはなくても、そういう情報は速いのである。

有名人・時の人であれば、外見が冴えなくても顔が不細工でも、女性の歓声に包まれることはできる。が、それに「カッコイイ男」という要素が加わると、その動員力とパワーは巨大に膨張し社会現象にまで発展するのである。
義経凱旋が空前の現象を巻き起こしたことは歴史的な事実だったようである。「ビッグニュースとイイ男」2つの要素がセットでなければ、こうした現象が生じることはなかっただろう。義経は魅力的な容姿を備えていたのだ。少なくとも樋口清之氏が著書『うめぼし博士の逆さ日本史』で言うような「醜いせむしの小男」ということはあるまい。

凱旋後も京での義経人気は続いたようだが、それは検非違使として京の治安を慰撫したからではない。そんな政治的なことだけで女性から騒がれることはない。昔も今も、やっぱり「外見」は大切な要素なのである。
史料や文献の字面に執着していては真実は見えてこない。歴史を知る上で大切なのは、字面でなく行間を読み取ること。当時を生きた人は一人もいないのだから。義経は、颯々たる男前だったのである。